2005年 02月 28日
えらいぞ、赤マフラー。
スノボから帰ってくる車内で

   ダーツ友  「すげー飲みたい。飲みたい飲みたい飲みたい・・・」
           (↑帰り運転のため、温泉後も飲めず)
   ダーツ   「俺もちょっとダーツしたいし、帰ったら店に行くか。」

と言うわけで道具を各家に置いてからお店集合することに。
まずはのびこが降りる。

   ダーツ  「それじゃ、後でお店でね。」
   のびこ  「はーい。」

ふぅ。楽しかったけど、ちょっと疲れた・・・。
さっさと片付けてしまおう。

ボードをお風呂場で洗って、軽く洗濯して干して、一息つく。

   (ぶるる。)

ん?ダーツから電話??

   のびこ  「もっしー。どした?」
   ダーツ  「赤い奴を忘れてるだろ。」

   のびこ  「?赤い奴??なんか忘れたっけ?」
   ダーツ  「ふーん。ちょーあったけー。
          俺、もらっちゃおうかな(笑)」

   のびこ  「あ!マフラーだ。だめだめ、それお気に入りなんだから!!」
   ダーツ  「それだったら早くお店にとりにきな。24時過ぎたら俺のもんね~」

くぅ~。なんかこういう会話ってすごいいい!
なんか、いい!!

ちなみに赤いマフラーとは前に男トモダチからもらったもの・・・。

ちょっと化粧を直して、いそいそとお店に。
めずらしくダーツとダーツ友がカウンターではなくボックス席に座っている。
のびこもそちらへ。

   ダーツ  「ほんとに24時前にきたな。ほれ。」
   のびこ  「ありがと。あ、そっちおいといて。
          でも、マフラーするの苦手って言ってなかったっけ?」

   ダーツ  「なんかこれは気持ちいいんだよ。やっぱ防寒は大切だね。」
   のびこ  「でしょ~。肌触りがいいんだよね。」

   ダーツ  「なんかヨン様っぽい?」
   のびこ  「それは巻き方が違うよ。これをこうやって」
         (といいつつ、マフラーを巻いてあげる)

   ダーツ  「これ、くれよ。」
   のびこ  「だめだよ。もらい物だもん。」

ダーツ友が投げているのでボックス席に横座りになって二人で話す。
なんかいいなぁ。こういうの。

帰り道。
暗くて寒い道を
赤いマフラーを巻いて
ダーツのにおいがちょっとして
幸せだなって思った。
[PR]

by nobiko9 | 2005-02-28 13:00 | 恋愛スル


<< 急降下      みんなでスノボ >>