2011年 01月 20日
初めてのデート。part10
 
それまでの時間と距離を補うかのように

一分の隙もないくらいぴったりと寄り添って


後から後から愛しいと思う気持ちが膨らんで

肩も鎖骨も腰も指先も

お互い競うように確かめあった



朝になって

帰らなければならない時間が少しずつ近づいてきて


ご飯を食べる姿も

私に向けられる笑顔も


すべて持って帰ることができなくて悲しくなった



彼は当然のように見送りにきてくれて

ギリギリの時間までベンチに座って

手を繋ぎながらどうしたら時間が止めることができるのか考えて

何も言えなくなって

やっぱり時間は止まらなかった


「ずっと、手繋いだまんまだね。」

「・・・貯めとく」

「ん?」

「次会う時まで手繋げないから、その分。貯めとく。」

「うん。」


そう言って私は意を決して立ち上がったのに

彼は座ったままで私を見上げている


少し屈んでキスをして

そのまま彼を抱きしめる


彼の匂いに包まれて

私は耳元でずっと言わなかったことを伝えた


大好きだよ。
 
[PR]

by nobiko9 | 2011-01-20 13:26 | 恋愛スル


<< ある日の。      初めてのデート。part9 >>