2011年 01月 19日
初めてのデート。part8
 
タワーを出ると入った時よりも人影がなく
店の灯りも徐々に消えていく

寒かったけれど展望台から見えた洋館が
どうしても気になって確認しに行くことにした

昼間はここから船が出ているようだが
さすがにこの時間は固く門を閉じていて

少し残念に思いながら海沿いにある
木でできた遊歩道をゆっくりと歩く


海は油がとっぷりと浮いているように真っ黒で重く

空も砂浜も真っ黒で
波打ち際に見える鳥が本物かどうかも区別がつかないくらいだ


カン カン カン


一歩進むごとに響く靴音は
海の中に吸い込まれていく


潮の匂いと

海の音と

私たちが歩く音



「星がみえる。」

「ほんとだ。」

「一緒に、みれた。」


手を繋ぎながら

二人で空を見上げて

東京よりも綺麗に見えるのは

空気が澄んでいるのか

それとも二人が一緒だからか


「さむい。」


私がそう言うと
彼は何も言わずに繋いでいた手に力を込めた。
 
[PR]

by nobiko9 | 2011-01-19 21:19 | 恋愛スル


<< 初めてのデート。part9      初めてのデート。part7 >>