2010年 12月 27日
初めてのデート。part6
  
ベッドに座って指を組みながら
涼しい顔で彼は言う

ちらりと顔を見て
意外にも強い雰囲気が感じられて目を逸らす

窓から夕日が落ちてきて
部屋が少し暗くなってきて

もう彼の顔をはっきりと見ることはできない



「・・・だってさ。そんなこと言わないでしょう?」

「・・・そっか。」

「おなかへった。外も暗いし、ご飯食べに行こう。」

「行くか。」



付き合っても告白すらもしていない人に

東京から会いに来て

ホテルの1室でベッドに横になって


不自然で可笑しな点はたくさんあるのに


何事もなかったかのようにホテルを出て電車に乗る


私にしては珍しくまかせっきりにしていて
お店の場所なんて調べていなかったから

グルグルと路地を回って
やっと辿り着いたお好み焼き屋は

彼が以前住んでいた町にあった店の支店らしく
まだ早い時間だというのに満席だった


お世辞にも綺麗とはいえない店内はカウンターしかなく
威勢のいい兄さん達の声が飛び交う


少し待って席に案内され
ビールで乾杯する

手書きのメニューや
隣の人が食べているものを注文する


二人で同じものを食べながら
「美味しいねぇ」と笑いながら

少しずつ酔いが回ってくるのを感じて

久しぶりに苦しくなるほどおなかがいっぱいになって
びっくりするほど安いお会計をすませて店の外に出た


「サムイ・・。」

昼間はあんなに暖かったのにと思いながら
マフラーを巻いていると

彼はテクテクと先に歩いて行ってしまう


「ちょ。待って。」


そう言いながら小走りに服の裾をつかむ





ポケットに収まっていた彼の左手が動いて

それは私の右手に繋がれて


彼は昔からずっとそうだったように
私の隣を歩いていた。
 
[PR]

by nobiko9 | 2010-12-27 12:51 | 恋愛スル


<< ある日の。      初めてのデート。part5 >>