2010年 11月 11日
元さん。 part3
  
送信ボタンを押してから

「あぁ、マズイ」という気持ちと
「もう、どうにでもなれ」という気持ちが交錯して


どうしてよいのか分からない私は

思わず電源を切りたくなる


そのくせ今にも返信があるんじゃないかと目が離せない


紫煙にまみれた店の中で

周りには友達が大勢いて

何杯目かのお酒を飲んで酔っ払っているのに


考えることやることは

中学生の頃からまるで変わっていないじゃないかと笑ってしまう






携帯の液晶が明るく光って

電波のマークが点滅して

携帯が震えてメールを受信した


逸る気持ちを抑えて

逃げ出したくなる気持ちをこらえて


受信ボックスを恐る恐る開く



「まあここは明るいし少し騒がしいからなあ。
せっかく一緒に見るなら静かで落ち着いた所がいいね。

お、冬の大三角もよく見える。」



「今、おうちへの帰り道?
あー、なんか会っていろいろ話したいなぁ。」



「そうだよ。

奇遇やな。ちょうど同じように思ってたかもしれない。
 
[PR]

by nobiko9 | 2010-11-11 00:15 | 恋愛スル


<< 元さん。 part4      元さん。 part2 >>