2004年 12月 16日
ワレタダタルヲシル
自分は自分でしかない。

がんばったり 努力したり 時には奇跡的な力を発揮するかもしれないが
自分である、という事実は変わらない。
それ以上でも それ以下でもないのだ。

だからこういう行為はとても嫌いだ。
   ・ねたむ
   ・人の悪口を人前で言う
   ・いらいらする
   ・嘘をつく
   ・騙す
人を陥れる、自分を本来の姿より大きく見せることで情勢を有利にする。

それに 私は人に対して(特に嫌いな人に対して)それほど興味がないので
自分がこういう行為をして関わることすら嫌だと思う。

この間の合コンで恋愛対象から外れた男も 友達が席を立った間に 
  「あいつはすぐ女の子と仲良くなって電話番号とかさらりと聞けちゃうから
   うらやましいよなぁ。このあいだも・・・」
こういうことは本人の目の前で言いましょう。
しかも合コンですから こういう話題を出すのはどうかと。

言うこと自体もそうだが その言葉を発した背景が問題だ。
悪意を持っているのかどうか。
また、悪意を持って言っている自覚があるかどうか。
人を陥れる自覚があるのなら、なおさらそれを他人に気付かれてはいけないと思う(笑)

前述した行為は人を不快にさせこそすれ、決して気持ちのいいものではない。
人となりがわかるというものだ。
だから私はこういうタイプに惹かれるのかもしれない。


つまり、こいうことかな。

「吾唯足知」(正しくは「吾唯知足」かも。)
京都の竜安寺のつくばい(手洗鉢)に刻まれている、水戸光圀公のお言葉。
ワレタダタルヲシル・・・1升のマスには1升の水しか入らない。
              自分の能力をわきまえて生きていきましょう。
[PR]

by nobiko9 | 2004-12-16 11:21 | 考エル


<< 忘年会 for ダーツつぶし      天然女子の考えていること >>