2010年 06月 08日
温泉。part7
 
・・・うわぁ。


内湯の扉を開け
中に入って私は思わず息を呑んだ

自分がいる場所が一番高い

すり鉢状の部屋は上から洗面台と脱衣所
そして最も低い場所に浴槽が見えた

浴槽は二つに分かれていて
一つには4人も入ればいっぱいの広さだ


朝もお風呂に入ったばかりだと思いながら
するすると浴衣を脱ぐ

湯気でもうもうとしている空間
ひんやりとした気分で階段を降りていく


洗い場もカランもなく
壁には石鹸やシャンプーなど使用禁止の文字があるのみで

とりあえずざぶざぶとかけ湯をする


改めて見てもため息が出る


浴槽は石造りになっていて
奥に大きな岩が構えている

大岩の手前には柵があって入れない
頭上には注連縄が揺らめいて神聖な雰囲気だ

岩からどんどんとお湯が流れ込んできて
ぼんやりしていると湯船の上だけが熱い


階段に腰をかけて
膝までとろりとしたお湯につかりながら

ゆっくりと足で湯をかきまぜる


ここには私しかいなくて

目の前にある注連縄の白い神重と

遥か高みにある小窓からの緑が私を見下ろしていて


実際にはお湯の流れる音だけがあるのに

外の雨音までもが聞こえてきそうで



ここはいったいどこだろう

私はここで何を思えばいいんだろう。
 
[PR]

by nobiko9 | 2010-06-08 13:56 | 恋愛スル


<< 温泉。part8      温泉。part6 >>