2010年 05月 06日
たまにはマイナス思考で。
 
会いたい

声が聞きたい

必要とされたい

抱きしめて抱きしめられたい


そんな単純なことができない


朝起きて考えて

夜寝る前に考えて


なまじ仕事をしていないと
そんな余計なことばかり考えて


私が存在する意義は

彼が少しでも楽しいと
気持ちがいいと思ってくることにあるのに

現状に満足できない自分に腹が立つ


この気持ちに少しでも変化があるかもしれないと

年上のいい男とエッチしてみたものの


セックスってこんなにも感情が揺れ動かない
まったく気持ちの良くないものだと再認識しただけで


もはや

自己嫌悪も罪悪感も後ろめたさもなく

世の中はやっぱりそういうものだと納得した



誰かに求められることが
例えばそれが1だとしたら

彼が私の中で100であることを思い出すだけだ



0よりは1のほうがいいかもしれない

1しか知らなかったらそれは100かもしれない



でも既に私は100を知っていて

もうそれを知らない状態には戻ることができない。
 
[PR]

by nobiko9 | 2010-05-06 01:11 | 恋愛スル


<< 彼の名前はジュリオです。      酔っ払いの戯言。 >>