2004年 12月 07日
オトナになりきれない自分
のびこにも彼氏がいた時期がある。
前の彼氏(以下、こあらと呼ぶ)は会社の同期の男だった。

ここ4ヶ月ほど会話、電話、メール 一切していない。
でも この状況になるまで1年半かかった(笑)

こっちから切らないと いつまでもだらだらと続きそうだった。
今続いていても おかしくない。

でも
こあらにもう一度付き合う気は全くなかった と思う。

それでも しがみついていたほど ほんとに惚れてた。

この気持ちはまた今度じっくりまとめるとして
要は 同期の忘年会のお誘いがあったのだ。

のびこの同期は結構人数が多いんだけど
一斉に集まっての飲み会が年に1~2回くらいある。

あんなにすっぱりと別れたはずなのに
これくらいのことで 動揺したりしてる。
会いたいような 会いたくないような。

会って というより 見てもたいした事はないと思うけど
話してもきっと どうということはないけど
なんだか こんなことを書いてしまう自分が嫌だ。

「好き」でも「嫌い」でもない感情。
ただ こあらのことはいい男だったと今でも思うし
幸せになってほしいと思う。

当時はその幸せをのびこが与えてあげられないことが
一緒に幸せになれないことが 悲しくてくやしくてどうしていいのか分からなかった。
今にして思えば思い上がりもいいとこだ。

こあらと会ったとしても 笑顔で楽しめる自分であるように
自分が自分らしくあるように

あぁ、早く大人になりたい。
[PR]

by nobiko9 | 2004-12-07 23:21 | 恋愛スル


<< 京都二日目      35分40秒 >>