2010年 01月 12日
これも日常。
 
年が明けて


学生時代からの友達に子供ができた

大好きな友達が死んじゃった



そのうちに

誰かが産まれたっていう話よりも
自分が関わった人が死ぬほうが増えていって


無理に忘れたり慣れる必要はないけど

人間は忘れる生き物だから辛いことがあっても生きていけるけど


今の気持ちを忘れたくないとも思ってる



辛いって言ってても誰も喜ばないし

死んじゃった彼が喜ぶわけもないし



こういうのはこっそりと

自分の中に積っていくのかもしれない



友達と集まって騒いで飲んでる時に

たまには彼のことを思い出して


今でも笑っているところしか思い出せなくて

そうやって私の日常に戻っていく



あーこんなことなら

最後におっぱいでも触らせてあげるんだった。
 
[PR]

by nobiko9 | 2010-01-12 00:44 | 考エル


<< 最後はこんな感じで。      2010年明けました。 >>