2009年 10月 31日
ぐはー。
 
自分の言葉に耳を傾けてくれる人がいる

これが生きる理由になると言ったら大袈裟だろうか


少なくとも

彼には私の言葉など届かず

彼は私の言葉に頷いてくれる



それ以上でもそれ以下でもない



怒りの代わりにこみ上がるのは悲しみで

なぜ嘘だと分かる嘘をつくのかという
疑問が解決されることはない


話しながら泣きたくなるくらいなのに
それでも笑顔でいられるのは

単に歳を取った代償なんだろうか。
 
[PR]

by nobiko9 | 2009-10-31 03:03 | 恋愛スル


<< 行っちゃう? Part15      ひさびさに。 >>