2009年 07月 27日
久々の梅登場。part6
 
カジュアルな二人で入っても違和感がなくて
1000円くらいのランチで美味しくて満足できる

全てを満たしているわけではないが
ここは比較的お気に入りのお店だ


小さなテーブルに向い合せに座って
なんだか、今頃になって緊張してきた

仕事の話とか、向こうでの生活とか
他愛もない話をする


それぞれに頼んだ料理が運ばれてきた


 「ほんと、のびはこういう洒落たとこ知ってるよな。
  お。これ、ウマイな。」


その言葉が聞けて少し安心した
今日の一つ目のハードルをクリアした気分になった


 「えへへ。お店はちょっと狭いけど、料理は好きなんだよね」

 「ここは来たことあるんだ?」

 「さすがにね。久しぶりに一緒にご飯食べるのに
  新規のお店にトライする気にはなれないよ。
  それなりのトコロにお連れしないと(笑)」


美味しいご飯を食べながら

前日のダイビングや、共通の友達の話や
ロマンティックにはほど遠い結婚話や

たまにはシラフで会うのもいいかもしれないと思った


お店を出ると、外は真夏のような暑さだ


 「どっか行きたいとこある?」

 「そうだ、俺。ワイシャツ見たかったんだ。」

 「お店、近くにあるの?よし、行こう!」


大通りの真ん中をゆっくりと歩き出す


 「なんでさ。歩行者天国なのに、みんな歩道を歩いてるんだろうね。」

 「日本人だからじゃね?みんなと同じが好きなんだよ。」

 「えー、もったいない。
  せっかくなら広い車道のほうが断然気持ちいいのに。」


子供のように大きく手を振って
さんさんと降り注ぐ太陽の下を二人で歩く

こんな歳にもなってまだ日焼け止めすら塗らず
ましてや日傘なんて生まれてから買ったこともなく

また黒くなっちゃうなーと隣を見て
でも梅と一緒に歩くなら、それもいいかと思い直した。
 
[PR]

by nobiko9 | 2009-07-27 20:31 | 恋愛スル


<< 行っちゃう? Part14      久々の梅登場。part5 >>