2009年 07月 25日
久々の梅登場。part5
 
イライラする

なんで、なんで
この広い駅でこれだけのコインロッカーがあって

一つとして空いていないんだ


駅にあるコインロッカーの多さに驚き
そしてこんなにも需要があることを初めて知った

興味のないもの、必要のないものはここまで
自分の視界に入ってこないものかと感心した


 「いったいさ、誰が使うの?っていつも思ってた。」

 「それはさ。今の俺みたいな人が使うんでしょ(笑)」

 「だからってこんなに空いてないなんて思わないよー」


少し離れた場所にやっとのことで荷物を押し込め
身軽になった私たちはお昼に向けて歩き出す


 「そういえばさ・・・」


見ると梅の手の中には

家や自転車の鍵がジャラジャラとくっついた
首の取れかけた生茶パンダのキーホルダーが握られていた


 「なんか、これ。もうとれそうなんだけど。」

 「ちょっ。もうほとんど取れてるじゃん。」

 「ちぎれたら、胴体部分やるよ。俺、頭ね。」

 「はぁ?頭ならこれが何か判別できるけど
  胴体のみって、何が何だかまったく分かんないよ。」


梅は2/3ほど切れた首をパカパカしながら遊んでいる


 「イタイヨー。タスケテー。」

 「ほら!そういうことやるから頭取れるんだよ!!」

 「いつもドリンクのおまけについてるような安物のおもちゃ
  適当につけてるからなー。」


なんか、変だ

酔っ払ってない梅ってこういう人だったっけ


というか実は
夜の飲みなしで会うなんて、とても久しぶりのような気がしてきた

思わず笑みがこぼれて
なんだかくすぐったい気持でゆっくりと歩き続けた。
 
[PR]

by nobiko9 | 2009-07-25 11:27 | 恋愛スル


<< 久々の梅登場。part6      久々の梅登場。part4 >>