2009年 07月 21日
久々の梅登場。part2
 
メールを見た時の驚きなど微塵も感じさせたくなかった

何事もなかったかのように

もちろん何事もないのだから
それは当然なのだけれど

たまたまダイビングに行っていたので海の写真を添付して
サラリとした雰囲気でメールを返した

返信はすぐにきた


  夏だな
  ゆっくりめで13時
  店は知らねー。
  よって、のびにまかせた


  地元?
  帰る荷物あり?


  荷物あるよ。ゴロゴロしたやつ。
  じゃまならロッカーにいれるさ
  地元じゃなくてよいよ


  ラジャ


「久しぶり」「元気?」「最近何してるの?」
そんな気まずさを増長させるような言葉は何もない

必要なこと以外、何一つ書かれていない
絵文字も色気もそっけもないメールが

「あぁ、梅なんだなぁ」と懐かしくなった



遠出したダイビングの翌日
お昼過ぎまでゆっくりしていようなんて
思ったことなどすっかり忘れて

どこで梅とランチをするか
めまぐるしく頭を働かせている私がいた。
 
[PR]

by nobiko9 | 2009-07-21 23:04 | 恋愛スル


<< 久々の梅登場。part3      久々の梅登場。part1 >>