2009年 05月 27日
開き直ってみる。
 
例えば

元気のない人がいたとして


その人は私にとって大切な人で
私はその人のことが心配で
できることなら何かの役に立ちたいと思うけれど

「どうしたの?」

そう声をかけることすら躊躇われる


考えに考えて


結局何も言えなかったり
むやみに明るく声をかけたりする


私の挙動がその人にとってマイナスになることが怖い

静かにしてほしいのかもしれないし
忘れたがっているのかもしれない

私が声をかける、そのこと自体が原因を思い返させたり
私に気を使ったりする重荷になるのかもしれない



それでも

私が考えて何もしないのと
何も考えずに何もしないのと

私以外の人間にとっては何の変わりもない


「何もしなかった」


それだけが事実だ

学校や職場の評価じゃあるまいし
その過程なんてまったく重要でない


そしてその一歩が踏み出せないうちに状況が変わっていたりする
しかしそれも自分の「何もしない」という選択の結果だ

それが悲しい結果だった時の虚しさと言ったらない



私が出会った人間の中に
「かんけーない」奴なんていない

ウザかったら私に直接言えばいいだけの話だ
言わなくても分かるほど私はあなたのことを理解していない

そして自分が思ってるほど自分は自分のことを理解していない

それなら他人と話すくらい簡単なことじゃないか。
 
[PR]

by nobiko9 | 2009-05-27 02:24 | 考エル


<< 1/5と半分      近況。 >>