2009年 04月 04日
背中から見る空3。
パーカーの背中を引っ張りながら呼び止める

「梅!」

「あぁ?おー、おはよう。この電車だったんだ?」

「いつもはもうちょっと早い電車。
 今日は寝坊したから。」


少し話をして 笑顔で手を振って別れた


小走りで階段に向かう途中
あまりの可笑しさに笑みがこぼれる


なんだ

私まだ 梅のことが好きなんだ


なんだ それだけのことか


あれだけきっぱりと振られて
やっとの思いで普通の友達になって
あんなに優しくて大好きな彼氏がいて

そんなことを
好きではない確からしい理由をいくら挙げても

何の意味もない


面白いなぁ
私ってこういう人間なんだなぁ

この歳でそういうことに気づくのも興味深いなぁ


ふられてから1年以上が経って
だいたい 最後に会ったのっていつだったっけ


そうだ。確か梅からいきなり電話があったんだ。
[PR]

by nobiko9 | 2009-04-04 10:59 | 恋愛スル


<< 背中から見る空4。      背中から見る空2。 >>