2009年 04月 01日
背中から見る空。
夢を見た


豆が体育座りで広い廊下の端に座っていて
私は後ろから包み込むように寄り添っている

彼の背中は私の記憶よりもずっと広くて
一緒にいるだけでなんて落ち着くんだろう

豆は私が好きな英詩の歌を口ずさんでいて
それを心地よく聞きながら 意外に上手いな なんて思ってる


そこで目が覚めた
頭が重くて すぐにまどろんだ


商店街を駅に向かいながら歩いている
なぜか私はとても機嫌が良くて

一人なのに今にも歌いだしそうなくらいだ

右折したところで真っ青な空が目に飛び込んできて

あぁ こんなに気持ちいいなんて
こういう感じって夢じゃないんだよな なんて思った


そこで目が覚めた
なんだか奇妙な心持ちだった


すっかり寝過していて 私は慌ててベッドを飛び起きる
[PR]

by nobiko9 | 2009-04-01 21:26 | 恋愛スル


<< 背中から見る空2。      トリトリトリトリ。 >>